アパレルから転職して年収800万円になった話【女性・接客スキルをいかせる】

副業
  • アパレル店員は給料が安くてつらい
  • 立ち仕事や力仕事も多くて、体力的にも続けられない
  • 接客スキルをいかして転職して給料を上げたい

そう思うアパレル店員や接客業の方、とても多いですよね。

わたしは副業歴3年、今では月10万円以上得られるようになり、いろいろな職種の人の副業相談に乗ったりもしているのですが、

アパレルの給料が安いとなげく人がけっこういらっしゃいます。

そこで今日は、元百貨店アパレル勤務の友人・ゆかりちゃん(仮名)が仕事を変えて年収800万円になったエピソードを紹介したいと思います。

ゆかりちゃんが転職した(厳密にはフリーランスですが)仕事は、チャットレディです。

ゆかりちゃんがチャットレディになってよかったと思うことは、

  • とにかく時給が高い
  • 体を酷使せずに、アパレルのときよりも高い収入が得られる
  • 接客のスキルもいかせる
  • 化粧品やメイク用品も経費になる

ということだそう。

それでは、アパレルからチャットレディを始めるのが有利な理由と、はじめ方についてご紹介していきますね。

アパレル業界の年収事情

アパレル業界やパティシエ、モデル、美容師、など人気であこがれる人が多い職業って、

搾取(さくしゅ)されやすいって知っていますか?

理由は、給料が安くても仕事に応募が来るからです。

 

たとえば東京都内でアパレルの販売員の給料は、

派遣やアルバイト:時給1,400~1,600円

正社員:月給20万円(手取り16~18万円)

ほどからスタートになるケースが多いです。

正社員でも年収360万円です。

 

逆に給料が高い業界は、今だとITが代表的ですね。

わたしは大学卒業後、大手IT企業に就職しましたが1年目の年収は450万円でした。

仕事も一切できないノースキルの人間でも、アパレル販売員よりも90万円年収が高いんです。

伸びている業界、これからも大きく発展しそうな業界ではスキルのない新人でも給料が高い、というのが世の中の構造です。

 

ちなみにわたしもパティシエにあこがれて、ケーキづくりのアルバイトをしたことがあるんですが、

東京都内で時給1000円、仕事は暑い調理場でぶっ続けで休憩なし、

重い調理器具を扱い、クリームを塗るなど難しい技術も求められて、それでも時給1000円。

安すぎる!!と思いました。

これなら座りっぱなしでいいデータ入力の時給1,300円のバイトのほうがよっぽど楽だと思いました。

それだけ憧れの仕事、華やかでセンスが求められる仕事というのは、コキ使われる構造になっているということです。

 

アパレル業界は今回のコロナウイルスでの影響で特に打撃を受けていますし、年齢を重ねると長く続けにくい仕事でもあるので、

転職を考えるのも大事な決断ですね。

高収入・高給与の仕事に付く方法

アパレルや接客のお仕事は好きだけど、給料を考えるとやはりもう少し高収入の仕事に移りたい、そう思う方に、アパレル販売員から転職する場合に多い事例をご紹介します。

  1. IT企業の派遣社員になる
  2. 営業職など別の職種、業界で転職する
  3. チャットレディ(ゆかりちゃんの例)

派遣社員としてIT企業の事務から始める(かなり多いパターン)

まず多いのが、アパレル販売員をやめてIT企業の事務派遣に転職するケースです。

わたしが同じ職場で働いていた派遣社員7名中、5名が元アパレル販売員でした。

IT企業の派遣社員は東京都内で時給1600円~1800円ほどが相場です。

(ただしエクセルやAccessなどのスキルがない人は1400円ほど)

これだとアパレル販売のときと給料はあまり変わらないのが事実。

もちろん派遣社員から契約社員になったり、事務のスキルを身に着けていくことで長く働ける可能性はあります。

ただし実際にわたしが見てきて、こんなデメリットもあります。

  • スキルをつけるのは大変で、時間もかかる
    (仕事の覚えが悪い人は残念ながら契約終了するケースも)
  • 自分より若い正社員に指示を受けることにガマンできない派遣社員も多い
  • 事務系で正社員にはなれても、マーケティングやウェブデザイン、プログラミングへの道には進めない

自分よりも若い正社員に指示を受けるのがイヤという理由で辞めて行く人もいました。

IT企業は年齢層が若く、27歳のマネージャーとかゴロゴロいるんです。

そんな若造に指示されるなんて!上から目線でむかつく!

と思う気持ちもわかりますよね・・・

あとは、華やかに聞こえるIT企業で働けたとしても、事務の派遣から入った人がマーケティングやウェブデザイン、プログラミングなどの専門分野のキャリアに進める道はほとんどありません。

本当に給料が理由で転職したいなら、IT企業の派遣社員はあまりおすすめできません。

営業職など別の職種、業界で転職する

アパレル業界以外で営業職として転職する方も多いです。

接客をしていたときの「売る力」を見込まれて転職に成功するケースですね。

ただ結局、職場の人間関係や会社員として時間にしばられることは変わらないんです。

会社員なので給料もそんなにすぐには上がりません。

さらにアパレル業界と、いわゆる「ふつうの会社」では働き方や仕事の常識もかなり違います。

自分としては一生懸命頑張っているつもりでも「常識がない」とか、逆に「我が強すぎる」と言われて悩んでいる元アパレル販売の方を見たこともあります。

結局コツコツと会社の仕事をこなして、年に数万円ずつの昇給を目指してがんばるしか道がないのが、企業への転職です。

チャットレディ

友人のゆかりちゃんが年収800万円になったのが、チャットレディという仕事です。

チャットレディとは:

男性とオンラインのビデオライブやチャットサービスで会話をする、ウェブ上のキャバクラのようなもの。

時給は2,400円~最大で7,500円になる場合もあります。

とにかく時給が高いのがチャットレディの大きなメリットです。

●ノンアダルトチャットレディ 【ライブでゴーゴー】 の場合

パーティーチャット:最大3,360円/時×参加人数
ツーショットチャット:最大4,200円/時
(登録後は2,400円/時からのスタートです)

●アダルトチャットレディ【FANZAライブチャット】 の場合

パーティーチャット:3,000~最大7,500円/時×参加人数
ツーショットチャット:最大7,500円/時
(1分 50~125円を時給換算しています)

 

ゆかりちゃんは元アパレル店員だったからこそ、最初からスムーズにチャットレディでお客さんがつきやすくて得をしたと言っていました。

アパレル販売や接客業からチャットレディを始めるときに有利なのは、こんなポイントです。

  • 接客スキルがいかせる
  • 自分を魅力的に見せるメイクや洋服がわかる→お客さんがつきやすい
  • 話すのが好きだから、チャットが楽しい

チャットレディは男性を楽しませて、自分とチャットしてくれた時間×報酬で収入が決まります。

なので、楽しくお話をするスキルが求められます。

ゆかりちゃんは接客の仕事が好きだったので、チャットで男性と会話をすること自体も楽しいし、長くチャットを続けてもらうためのコツや会話をはずませるための工夫をするのもいやじゃないそうです。

さすが元アパレル販売員さんですね

またチャットレディは業務委託契約(フリーランス)としてお仕事をするので、仕事のために購入したものは経費として申告ができます。

チャットレディとしてお客様に魅力的に見えるように、化粧品や洋服も購入する機会も増えますが、そういう美容品も仕事道具なので経費にできるのが魅力だとゆかりちゃんは話していました。

自宅からスマホやパソコンを使って仕事ができるので、

  • 人間関係のしがらみなし
  • 通勤なし
  • 時間のしばりなし(好きな時間にログインすればOK)
  • 職場の面倒な人間関係なし

というメリットもあります。

接客のスキルがある人だからこそ最初から稼ぎやすいチャットレディ、気になったらぜひ登録からしてみてください。

ゆかりちゃんの年収800万円の内訳と生活スタイル

ゆかりちゃんは今はチャットレディをはじめて1年ほどで、年収800万円ほどだそう。

最初はわたしもゆかりちゃんが何の仕事をしているのか、詳しく聞いてなかったんですが、

豪華なホテルに一緒に泊めてくれたときに、なんでこんなにお金あるの??と思わず聞いてしまいました笑

ゆかりちゃんの生活スタイルはこんな感じです。

  • 家賃10万円の東京23区マンション暮らし
  • 年に数回、一人旅をするときはツインの部屋を予約
    (狭いのがいやだそうで)
  • バルミューダとかダイソンとか、有名な家電を迷わず買う

ちなみに学歴は高卒、年齢は30代前半。

それでこの生活はなかなかできないですよね~(大卒のわたしでもこんな生活できません笑)

ゆかりちゃんが毎日どれくらいチャットレディのお仕事で働いているのかというと、

週に4~5日×3時間~5時間くらい稼働しているそう。

時給まではさすがに聞きにくかったのですが、

仮にアダルトで時給5,000円なら

5,000円×5時間×週4日=10万円

→1ヶ月で40万円

そこにパーティーチャットで、何人かのお客様が入ってくれるときもあるから、トータルで月60万円以上になる感じなのでしょうね。

(パーティチャットでは一度に複数人と会話ができて、参加人数に応じて収入が増えます。そのためたくさんの男性に参加してもらえればかなり大きく稼ぐことができます。)

自分の稼働時間や工夫しだいで収入が大きく伸びるのも、チャットレディの魅力ですね

まとめ|アパレルから高収入の仕事につくならチャットレディがおすすめ

以上、元百貨店でアパレル店員をしていたゆかりちゃんがチャットレディで年収800万円になって、大卒のわたしもうらやむような生活をしているお話をご紹介しました。

ゆかりちゃんのように華やかな生活まではしなくてもいいんだけど・・・

と思う方も、このままアパレルで低い給料のまま働くのはつらいのではないでしょうか。

立ち仕事なので体力的にも大変ですしね。

好きな仕事を楽しくやりたいという方は、お休みの日など空いた時間で副業としてチャットレディを始めるのもおすすめです。

少しでも収入を得られると自信もついて、今の仕事を楽しむ余裕も出てきますから。

もしチャットレディが自分に合わないなと思ったらすぐに辞めてOKです。

接客のスキルがある人だからこそ最初から稼ぎやすいチャットレディ、気になったらぜひ登録してみてくださいね

 

タイトルとURLをコピーしました