チャットレディの恋愛事情。真剣交際・結婚に発展する人も実は多い?

チャットレディの実情

チャットレディで出会った男性と真剣交際する人、意外と多いようです。

こんにちは30代副業ワーカーの、あいぽんです。

チャットレディに興味がある人は、恋愛事情も気になりますよね。

  • お客さんに好意をもたれた
  • お客さんのことが気になってきた
  • 真剣交際に発展する人っているのかな・・・?

など、わたしの友人のケースも交えてチャットレディの恋愛事情についてまとめました。

チャットレディから真剣交際に発展する人も多いみたい

わたしの友人はチャットで会った男性と真剣交際をしています・・・!

しかも2人め・・・!

2人と付き合って、どちらも1年以上付き合っていました。

2人目の方とは今もお付き合いしていて、

本当に幸せそう!

最初は、「チャットで出会ったって、大丈夫なの?」とわたしも心配していたのですが、

すでにお互いの親にも紹介済みで、今ふたりは同棲しています。

チャットレディはオンライン上でのサービスなので、出会った頃は住んでいる場所もかなり遠かったんです。

それでも友達は、縁もゆかりもない地方に引っ越して、彼と同棲することを決意したんですよ。

それだけ本当に真剣なお付き合いということですよね。

出会い方って真剣度とあまり関係ないのね

そもそもチャットサービスは出会い目的の利用は禁止だったり、直接会うのを禁止しているところもあるので、規約はきちんと確認する必要がありますが、

チャットをしている中でもし本当に素敵な人に出会えたらそれはすごいことですよね。

友達いわく、チャットを利用する男性の中にはまじめな人もけっこう多いのだとか

  • 職場に男性しかいないから単純に女性と会話したいだけの人も多い
  • 大人数が苦手だからキャバクラとかは行かないタイプの男性
  • お金を払ってチャットを利用しているので、意外と高収入のお客さんもいる

ということ。

高収入だからと思って始めたチャットレディでまさか結婚を考える相手に出会うとは思っていなかったそうです。

チャットレディも素敵なお仕事♪

ノンアダルトのチャットレディから真剣交際に発展する人も少なくないようなので、

チャットレディのお仕事が気になっている方はまずはノンアダルトの大手事務所に登録してみてくださいね。

お客さんから好意をもたれたときの対処法

もしお客さんから好意をもたれても、自分は興味がない場合はなんて断っていいか迷ってしまいますよね。

ちなみに断ること自体はもちろんOKで、

完全ノンアダルト宣言をしている大手ライブチャットサービスのライブでゴーゴーでは、

チャットレディのよくある質問にこのように書かれています。

Q直接会ったりしますか?
Aいいえ、会ったりしません。

「会いたい」と申し出てこられる男性会員様も稀にいらっしゃいますが、お断りしていただいて結構ですよ。

しつこい場合は、事務局にご相談下さい。
出典:ライブデゴーゴーよくある質問

断ること自体に罪悪感をもつ必要はないですね

実際に断りたいときには、こんな方法で対処することができます。

気持ちはうれしいことを素直に伝える

あまりにもぴしっと断ったらお客さんもショックですよね。

せっかく好意をもってくれている自分のファンの方なので、

今後もできれば楽しくチャットに来てもらいたい。

そういうときはまず「お気もちはとってもうれしいです」と、自分の気持ちを伝えましょう。

まずは気持ちを受け止めていることを伝えるのが大切

悪くは思っていないというのが伝わると、お客さんもショックを受けずにすみますし、

今後の関係性もいい状態で保つことができます。

会うのを断るときは事務所の都合を言い訳にする

どうしても会ってほしい、と強くお客さんから頼まれたときは、

事務所やチャットサービスの決まりを言い訳にするのがベストです。

  • 直接会うのは禁止されているから
  • 事務所が厳しく監視しているから
  • もし直接会ったら、登録会場されてしまうから

と、ルールや禁止事項を伝えて断ると、

お客さんもチャットレディに迷惑をかけるのは悪いなあ・・・と思ってくれます。

自分の意志で断っているというより、

「事務所の都合でどうしてもだめなんだ~ごめんなさい」という感じで伝えると、お互い雰囲気が悪くならずに断ることができます。

まとめ

以上、チャットレディの意外な恋愛事情について、まとめました。

出会い目的のサービスではないけど、もし本当に気になる方があらわれたら

「チャットでの出会いなんて・・・」と全否定しなくてもよさそうです。

真剣交際している人の体験談を聞くと、ちょっと考え方も変わりますね。

少しでもチャットレディに興味をもってもらえたら、まずはお試しでもいいので一度体験してみてくださいね。

タイトルとURLをコピーしました